サイトマップ

HOME > 採用情報 > 先輩からのメッセージ > 営業部 盛戸拓朗
 
質問!正栄汽船て、どんな会社?
先輩からのメッセージ

新卒作用

キャリア採用

正栄汽船訪問
 
 
仕事への思い
日々の業務で、どういった場面で特に苦労されますか?
船は世界中24時間常にどこかで働いているわけで、いつどこで何が起こるか分かりません。日本時間の夜に急にトラブルが発生したり、「今日中に何とかしてくれないか?」など、お客様の窓口として、課題に対して優先順位をつけて次々と対応しなければならないので、そういった時はたまに全てを投げ出して帰りたくなる時があります(笑)。
仕事の中で充実感を感じる時はどういった時ですか?
前の質問の苦労する部分と繋がってくるかも知れませんが、大変な思いをして問題を解決出来た時がやはり充実感を感じますね。問題のハードルが高ければ高いほど、解決した時の充実感は大きいです。
東京大井埠頭のコンテナターミナルから、お台場方面を望む
入社してから一番印象に残っていることは何ですか?
実際の船を港に見に行った時ですね。船を訪れてみると、やはり船員さんは大変なんだなと肌身に感じました。実際現場に行ってみないと相手の気持ちって本当に分からない。
オフィスの中だけで仕事をしていても、船の中の事って分かっているようで全然分からなかったんですよ。その事を痛感させられました。まさに百聞は一見にしかずでした。
最後に今後の目標を教えてください。
ばら積み運搬船、タンカー、コンテナ船、LNG船など幅広い船を正栄汽船は保有しているので、その全ての船の特徴を知るまでには、まだまだ自分は勉強不足です。分からない事の方が多いので、これからはもっと船を訪れる機会を増やして、船の事をもっともっと知りたいと思っています。
大変失礼ですが、このインタビューをやる前は「船主業」って船を貸すだけの仕事かと思っていました・・・
いやいや(笑)、それは全然は違いますよ。なかなか世間的には知られてない部分が多いですが、正栄汽船の船達が世界中を航海して、確実に目的の港まで無事に荷物を運べるように日々支える。それが私達の仕事です。
メッセージ
 
このページのトップへ
SHOEI KISEN KAISHA,LTD.