正栄汽船株式会社  
サイトマップ

HOME > 採用情報 > 先輩からのメッセージ > 船舶部工務用度課 加藤 奈緒美
 
質問!正栄汽船て、どんな会社?
先輩からのメッセージ

新卒作用

キャリア採用

正栄汽船訪問
 
正栄汽船に入社
 
加藤さんは入社何年目ですか?
14年目です。

入社時の正栄汽船の印象はどうでしたか?
船員さんのほとんどが外国人の方で、電話やメールのやり取りは全て英語を使うので、ほぼ毎日のようにオフィス内で英語が飛び交っている事に最初はとても驚きました。

加藤さんは初めから英語が得意だったのですか?
いえいえ全く。もう学校で習う基本的な文法だけ知っている程度で。まさかこんなに英語を使うことになるとは思いもしませんでした。
経理部と工務部では全然違いますよね?工務部に入ってどのように英語力を挽回していったのですか?
基本的に勉強は嫌いなタイプなので、勉強はせず慣れていきました(笑)。
それで大丈夫なのですか(笑)?
基本的にやりとりはメールなので、分からなかったら辞書を引いて確認してから返信をして。それを日々続けていって何とか慣れていった感じです。またオフィスでは英語が飛び交っているので、その環境も大きいかと思います。日々一日一日乗り越えていく感じです。
最近の事
最近の仕事で苦労している事は?
写真4
特に苦労と思っている事はありませんが、強いて言えばやはり英語ですね。学生の頃英語の授業は嫌いではなかったのですが、社会人になって仕事をする中で自分の英語力が所詮学生レベルだと思い知らされました。
入社して初めて海外からの電話を受けた時、全く聞き取れずに他の人に代わってもらったことを覚えています。今でも海外から営業等の電話がかかってくると、どう対処したら良いか困る事があります。
仕事の中で充実感を感じる瞬間は?
やはり手配した船用品がミス無く、無事船に積み込まれた時です。
最後に今後の目標を教えて下さい。
船舶部で仕事をしていると毎日のように英語を使うので、もっと英語が上達出来ればと思っています。今は自分が知っている単語を並べてとにかく通じれば良いという程度なので・・・。海外の会社や船員さん、外国人の監督と上手くコミュニケーションがとれるよう、上達出来たらいいなと思っています。
メッセージ
 
このページのトップへ
SHOEI KISEN KAISHA,LTD.